Browse By

受け口の手術をし綺麗に

姉は人より顎が出ていて、口を閉じた時に下の唇の方が出て見えるのでその事をとても気にしていた様でした。そこで整形したいと考えていた様で、ある美容クリニックにいくらかかるのか等を相談しに行ったそうです。とても優しい医師に聞けたおかげでより手術に興味を持ったそうで、入院の用意をして受けに行っていました。二時間程の手術で眠っている間に終わったそうです。姉は傷跡が残る事を心配していたそうですが、口の中からの手術だったので外見からはわかりませんでした。一ヶ月くらいは腫れていましたが、だんだんと腫れが治まり受け口では無くなっていたので、とても驚きました。その事で顔が小さく見え、とても綺麗になった気がしました。姉も長年悩んでいたのが嘘の様に消えたそうで、嬉しそうにしていました。整形は外見だけではなく、心も美しくしてくれる素晴らしいものだなと思えました。

受け口は手術と矯正で治ります

口元が気になると笑えなかったり、つい口元を隠してしまったりしますよね。口元にコンプレックスを抱えている方は少なくないのではないでしょうか。その中でも「受け口」で悩んでいる方が日本では意外に多いそうです。日本人の頭は幅が広く奥行きの浅いため、どうしても受け口になる確率が高いと言う事です。その中でも上顎と下顎の位置や形のバランスの違いによる骨格性の受け口(反対咬合)が比較的多いと言えます。個人個人の状態によりますが、歯科矯正だけでずいぶん改善される場合もあるそうです。重度になると歯列矯正とともに顎の骨を切って移動させる外科手術が必要となる場合があり、骨格のズレが大きいほど、外科手術の必要性が高くなります。まずは歯科クリニックで診察をしてもらうのがベストだと言えます。美容外科クリニックでは仕上がりイメージをモンタージュ写真にして見せてくれるところもあるので、気になる方は一度カウセンリングを受ける事をオススメします。

受け口は手術で対応することができます

顎の形は人それぞれ違いますが、下あごが前に突き出ている受け口のことで悩む人も少なくありません。見た目の問題もありますが、食事がうまくできないので消化不良も起こりやすいですし、発音しづらい音なども出てしまいます。そのままでは自然に改善することはありませんが、こうした悩みも治療を行うことでかなりの改善を得ることができます。受け口の場合は手術での対応が効果的です。治療方法も歯を抜歯し、開いたスペース分を後方へ移動させることもできますし、あごの付け根の骨を切り下あご全体を引っ込める場合もあります。手術を行わず、歯列矯正を行うことで下あごを引っ込めることもできますし、歯列矯正と手術を併用する場合もあります。そして、治療内容はそれぞれの症状により違いがありますので、まずは診察、検査などを受けそれぞれに合う最適な治療を見つけましょう。