Browse By

受け口の場合は手術を検討

口の形というものは、生まれつきの場合がほとんどですので自分でどうにかしたりということはなかなか難しいかもしれません。歯並びなどでしたら、矯正をすれば治ることもありますが、そもそもの骨格の問題ですとなかなか簡単には治すことは難しいでしょう。しかし、受け口の場合は生まれつきの場合が多く、噛みあわせが悪くなってしまいますので手術をしなければいけない場合がほとんどです。程度にもよりますが、噛みあわせが悪いということは健康状態にも影響し、それが長年続くとなりますと体に異変が出てしまう場合もあります。よって、手術で少しでも骨格を治し、噛みあわせをよくする必要があります。整形外科や美容外科などで相談することができますし、歯科医から指摘される場合もあるでしょう。その場合は、医師にきちんと相談することが大切です。

受け口は手術で改善することができます

先日、あるバラエティー番組を見ていると、美容整形に関する特集が放送されていました。興味深く見ていると、そこには受け口で悩んでいる女性が登場していて、幼いころからずっと口元にコンプレックスを抱えていたと話していました。その女性が美容整形クリニックを受診して、専門のドクターのカウンセリングを受けるところから特集はスタートしました。丁寧にカウンセリングを行い、施術方法について教えてもらい、さらにシミュレーションを行います。施術を行った後、どのような口元になるのかがシミュレーションをすることでイメージしやすくなるうえ、安心感を持って手術を受けることができると、女性が言っていたのが印象に残っています。手術を終え、1ヵ月ほど経った女性の顔を見ると、驚くほど口元が美しく整っていました。手術を受けた後は女性の表情も明るく、自信が持てるようになったことがとてもよく伝わってきました。

ワイヤー矯正や外科手術によって受け口を治す

受け口や顎がしゃくれていたり、下顎が前方へ突き出ていることで悩んでいる場合には、ワイヤーを使用した矯正や外科手術を受けることを考えている方もいらっしゃるでしょう。受け口などによって、顔全体にコンプレックスを感じてしまったり、噛み合わせの悪さから虫歯ができやすくなったり、会話をするときの発音がうまくできいといった状態では、日常的にストレスを抱えてしまいます。そうした比較的重度な受け口などの場合、ワイヤー矯正による効果が期待できず、外科手術をしなければ、噛み合わせを正常に戻すことは難しいといえます。外科手術によって、噛み合わせの正常化や、顔の見た目の印象も変えることができますが、入院する必要が出てきます。ワイヤーの矯正で治せるものと、メスを入れなければ治療できないといった判断基準は、診察をした医師によって異なる場合がありますので、可能であれば信頼できる複数のクリニックによる診断を受けることをお勧めします。